40代で妊活をするのは遅い!?

妊娠する女性

最近妊活という言葉をよく耳にするようになりました。

特に、高齢出産と言われるよ40代での妊娠を望む人は増加傾向にあると言います。

その背景には女性の社会進出があり、バリバリ仕事をしている人の場合は結婚する年齢が遅くなりがちです。

その結果仕事に区切りをつけて妊娠をしたいと思ったとき、すでに40歳に差し掛かることもしばしばあるのです。

40代での妊娠は若いときのように自然妊娠ができないことも少なからずあります。

その為妊活をしている人は多いのですが、どのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。

メリットとしては、経済的に余裕があることがあげられます。

妊活には定期的な検診や治療などお金がかかることもありますが、そのお金を出せるという選択肢があることは40代ならではのメリットです。

また年齢的にも落ち着いているため、気持ち的にも安定している点も特徴です。

逆にデメリットとしては、年齢が高ければその分若い頃に比べて妊娠する確率が低くなってしまいます。

不妊の確率も上がる為、そのための治療費が高額になってしまうこともあります。

仮に妊娠したとしても、ホルモンの分泌量が減って卵巣機能が低下する年齢の為流産や難産のリスクがあります。

また、もし妊娠、出産できたとしても産後の体力不足から育児への負担が大きいこと、そのため2人目以降の妊娠を諦めてしまうことも少なくありません。

こういったメリットデメリットを踏まえ、できることであれば妊活は早めに行うことが望ましいでしょう。


アラフォーの妊活は体のケアがポイント

近年アラフォー世代の妊活が一般的になってきています。

30代後半での妊娠は昔からしてみれば高齢出産ですが、今や珍しいことではなくなりました。

さらに40代以上で妊娠を望む人も増えてきている現状があります。

しかし、アラフォーの妊娠、出産にはリスクがつきものです。

どうしても年齢とともにホルモンの分泌が減ってしまい、卵巣機能が低下します。

その為若いときに比べて妊娠しづらい、妊娠をしても流産や難産のリスクが高くなってしまいます。

そんなアラフォー世代の妊活のポイントは、まずは体力や体の機能の低下をできるだけ防ぐことが大切になってきます。

その最も大切な指標が毎月の月経を安定させることです。

毎月きちんと月経がくる状態は、体内で排卵が行われているということでありまずは一つの目標として良いでしょう。

それ以外にも、毎日の食事の見直しや生活習慣の見直しなど若い時以上に気を付けるべきことがたくさんあります。

特に血流の悪さからくる体の冷えは妊娠には大敵です。

低体温は体の免疫を低下させるだけでなく、卵巣機能にも影響を及ぼします。

体を温めるためには適度な運動をしたり、体を温めるための食べ物や飲み物を積極的にとったり、リラックスして湯船につかる時間を増やすなどしていきましょう。

サプリメントなどを摂取するのも良いでしょう。

アラフォーの妊活は決して無理せず体を労わることが大切です。

またこうした活動は毎日の積み重ねが大事なので、ストレスを溜めすぎずリラックスして楽しみながら行いたいものです。

赤ちゃんの画像


妊活の方法は多種多様

一言で妊活といっても、その方法には様々なものがあります。

それまで子作りは早いと避妊をして性行為をしていたカップルが、避妊をせずに性行為をするのも妊活といえます。

もちろん本格的に妊娠をしたいと考えるようになり、妊娠をしやすい環境を整えていくというのも妊活となります。

本気で妊娠を考えるようになったカップルが最初の段階で選ぶ方法としては、妊娠をしやすい日子作りに励むというものがあります。

女性には妊娠のしやすい時とそうでない時がありますから、妊娠のしづらい時期に子作りに励んでも無駄に終わってしまう可能性が高いものとなります。

そこで、少しでも可能性の高い時に性行為をして妊娠をする確率を高めようというのが、最初の段階で選ばれる妊娠のための活動法となります。

妊娠をしやすい体質を作るというのも、妊娠をしたいと思ったときにとられるものであり、生活習慣を見直したり禁酒禁煙をしたりするといったものがあります。

これは女性だけでなく男性も同様に行うことで妊娠の確率を高めることができます。

妊娠は女性の体質の影響が大きい物の男性の精子の質というのも重要なものとなってきます。

男女ともに妊娠しやすい体質を作っていくことによって妊娠の確率を高めることができます。

妊活というのは決まった方法があるのではなく、人それぞれやり方というものがあります。

そろそろ子供が欲しいと思った時には、その人にあったやり方で妊娠のための活動をはじめて見ると良いでしょう。

更新情報・お知らせ