40代でも妊娠し無事出産する可能性は十分ある

モノクロの赤ちゃん

以前は結婚適齢期という言葉があって女性のそれは20歳代前半でした。

そして結婚して1年から2年して第一子が誕生するというケースが多かったのですが、最近は仕事を続ける女性が増え、結婚をする年齢自体が遅くなり30歳を超えての結婚も多くなりました。

それに伴い子どもを生む年齢も高くなってきて、女性自身が心身ともにいつまでも若々しいことや医学の進歩によって40代で妊娠をするケースも多く見られるようになりました。

以前なら40代で妊娠をすると母体にも胎児にも不安を抱えながら出産を迎えていましたが、現在では実際に40代でも母子ともに元気に出産を迎え順調に子育てをする実績が多いことから以前のように不安がいっぱいの高いリスクを伴うことではなくなってきました。

芸能人なども40代で出産をした人が何人もいることもあり、それも励みになることでしょう。

30歳後半で結婚をして40歳近くになってから不妊治療に臨み、子供を授かる人も少なくありません。

だからたとえ結婚が遅くても、また早くから結婚をしていても仕事や何らかの事情で子どものことを先延ばしにしていてもう年だからとあきらめていた人も、子供を授かる可能性は十分あるのです。

しかしそのためには体を健康体にすることが大切なので生活習慣をよくし、ホルモンバランスを整えることから始め「妊活」に励みましょう。

もし自然に授からなくてもあきらめずに実績のある不妊治療医のもとで治療をうけることによってまだまだ子供の顔を見られる可能性があるのです。