妊活中の薬は慎重に

BABYの画像

妊活中は妊娠をしているわけではないので薬を飲んでも、胎児に影響が出ることはあまり深刻に考える必要はありません。

しかし、問題となるのは妊娠というのはすぐに分かるわけではないので、妊娠していることに気づかずに飲んでしまうということもありうるだけに、妊活中でも気をつけておいて損はありません。

また、服用するものによっては妊娠に悪影響を及ぼす可能性もないとはいえませんから、やはり妊活中には服用するものの内容というのもしっかりチェックをしておくことが重要です。

ドラッグストア等で販売されていて処方箋が必要ないものなどに関しては、効果も弱められているのでそこまで心配をする必要はありませんが、持病などがあって医療機関から処方されているものの場合、妊娠や妊娠した時に胎児に影響を及ぼす恐れもあるかもしれませんから事前に相談をしておくようにしましょう。

ここでもうひとつ注意をしておきたいことは、服用しなければならないものを勝手な自己判断でやめてしまうというのは問題であり、それによって母体に悪影響が出れば当然妊娠をすることに対しても悪い影響が出てしまうことが考えられるので、必ず専門家の助言を仰ぐようにしましょう。

これは当然妊活中だけの話ではなく、妊娠をしてからも同様であり薬の悪影響を心配して服用をやめ体調を崩してしまった場合、それによって胎児に悪影響が出てしまう恐れもあるので必ず、医師などに相談をしてから薬をどうするか決めることが大切です。